「半沢」ではスカっとしたけど…本当は怖い「土下座」強要:イザ!

2013.10.8 22:00

「半沢」ではスカっとしたけど…本当は怖い「土下座」強要

 銀行員の主人公が上司に土下座を強いるシーンが話題を呼んだTBS系ドラマ「半沢直樹」をほうふつとさせる事件が起きた。衣料品店の店員にクレームをつけ、土下座させた女が強要の疑いで逮捕された。ドラマでは視聴者の留飲を下げさせた場面だったが、安易にマネをすると大やけどする。強要罪のほか「名誉毀損(きそん)にも問われる可能性がある」(専門家)というのだ。

 北海道警札幌東署が7日、強要容疑で逮捕したのは介護職員の青木万利子容疑者(43)。

 道警などによれば、同容疑者は今年9月、札幌市東区の大手衣料品チェーン「ファッションセンターしまむら」で、「購入したタオルケットに穴が開いていた。店に来るのに費やした交通費を返せ」などとクレームをつけ、女性店員ら2人に土下座をさせ、自宅に来て謝罪するよう念書を書かせた疑いがある。

 これだけでもやり過ぎだが、「土下座の様子を携帯電話のカメラで撮影し、それをツイッターに投稿。しかも、『デブ』などと店員を中傷するコメントも掲載した」(関係者)という。

 店側が警察に相談し、被害届を出して逮捕となったが、驚いたのは土下座が刑事事件に発展したことだ。ドラマ「半沢直樹」の最終回では、主人公が、敵役の上司への意趣返しとして土下座させるシーンが注目を集めたが、現実社会で同じことをすると手痛いしっぺ返しを食らいかねないことになる。

関連ニュース