「徒歩暴走族」とは? 口でエンジン擬音「バーリバリ」、大挙して迷惑行為

 兵庫県姫路市に夏の訪れを告げる「姫路ゆかたまつり」が22~24日に開かれる。全国でも有数という約700の出店が市中心部の大手前通りなどに並ぶ中、浴衣姿のカップルや家族連れなどが散策を楽しみ、パレードやダンスといった多彩なイベントで盛り上がるが、かつては特攻服を着た若者らがバイクではなく、電車などで大挙して押しかける「徒歩暴走族」として迷惑行為を繰り返したり、生卵が飛び交ったりと、まつりが大荒れになったことも。

 市が取り締まるための条例を施行した効果もあり、近年は特攻服姿は見られなくなったものの、興奮した若者同士の小競り合いなどは絶えないため、関係者は一般市民が安心してまつりを楽しめるよう警戒に余念がない。

 ■徒歩暴走族を摘発

 「バーリバリ、バーリバリ」。紫色の服を着て「播州連合」を名乗る徒歩暴走族に扮した警察官が、バイクのエンジンをふかす擬音を声高に叫びながら、目の前の警察官を威嚇する。

 姫路市三左衛門堀西の町の市防災センターで6月18日、市や兵庫県警姫路署などから約100人が参加し、合同で行った取り締まり訓練だ。

 市職員がプラカードを掲げ、徒歩暴走族に中止命令を発した。「あなたの行為は著しく公衆に迷惑及び不安を覚えさせるものであり、姫路市民等の安全と安心を推進する条例の禁止行為にあたるので、大勢の人が集まる公共の場所からの退去を命じます」

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧