「強姦加害者の8割は知人」パワハラとセットに…被害女性は救済されず

 【強姦の真実】(4)完

 「強姦」というとどんなイメージだろう。夜道や一人暮らしの部屋で突然、見知らぬ男に襲われる。こんな場面を思い浮かべる人が大半だろうが、それとは大きく異なるデータがある。

 平成23年の内閣府調査で、強姦被害者の61・9%が加害者を「よく知っている人」と回答した。「顔見知り程度」も14・9%で、実に76・8%もの被害者が知人から受けた行為を「強姦」と感じ、苦しんでいる事実が明らかになった。

 ■「会社にいたいんだろ」

 大阪府の女性会社員(38)は6年前、会社で残業中、背後に立った上司に突然口を手で覆われ、強姦された。犯行後、「すごくよかったで。君もよかったやろ」と言われ、激しい屈辱感に打ちひしがれた。呆然(ぼうぜん)と会社の床に座り込んだまま、朝を迎えた。

 上司と部下、大学教授と学生、雇用主と契約社員…。目立つのが、2人の間に「力関係」が存在するケースだ。被害者のカウンセリングを行う井上摩耶子さん(74)によると、被害者は驚きと恐怖でショック状態に陥り、その被害者に加害者は必ずといっていいほど、こうささやく。「言うとおりにすれば悪いようにはしないから」「会社にいたいんだろう? じゃあ誰にも言うなよ」

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧