「おい、ヒデキ」「ねえアッコさん」和田アキ子さん、目頭押さえ「お前、すごいんだな」

前の写真へ
次の写真へ
昭和49年に日本人のソロ歌手として初めて野球場公演を行った西城さんにふさわしく、野球場を模した祭壇=25日、東京都港区の青山葬儀所(中井誠撮影)

昭和49年に日本人のソロ歌手として初めて野球場公演を行った西城さんにふさわしく、野球場を模した祭壇=25日、東京都港区の青山葬儀所(中井誠撮影)

 25日営まれた歌手、西城秀樹さんの通夜で、弔問に訪れた歌手の和田アキ子さんは、時折、目頭を押さえながら、次のように話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ