NEWS・手越祐也、退社決意で“骨肉の争い”勃発か!? 恨み抱えたままなら…同僚の「マル秘情報」暴露も

 “ステイホーム”中にもかかわらず、たびたび飲み会に参加していたことが明らかになり、活動自粛となったNEWSの手越祐也(32)。手越は反発して退社を決意したとも報じられているが、事務所側は複雑な思いだという。というのも関係がこじれたまま、手越が退社すると、その後骨肉の争いが勃発しかねないというのだ。

 外出自粛要請が出ている最中、たびたび夜遊びする様子をキャッチされて報じられた手越。さすがに事務所も「世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けておりました」として活動自粛とせざるを得なかった。

 「活動自粛を受けて本人が退社を決意したということですから、事実上のクビと同じ。若いタレントには規範を示すことができます。しかし、もともとは事務所側としては解雇という形は避けようとしたんです」と週刊誌記者。

 「ジャニーズJr.を取り仕切る滝沢秀明副社長は、若いタレントの手本にならない手越を疎ましく思っていました。しかし事務所としては、歌がうまく、華があり、タレント性が高い手越をとどめておきたいという思いもあった。それで反省の機会を与えようとしたんです。しかし手越が滝沢氏に反発し、退社の意向を固めたのです」とも。

 滝沢氏への反発を強めている手越に対する事務所側の思惑について、スポーツ紙記者は話す。

 「手越が恨みを抱えたまま退社すると、暴発しかねないという懸念があるのです。手越は自身もスキャンダルの多いタレントですが、同僚の情報も多く抱えている。そうした情報を外部で暴露されたら、それこそ大変なことになります。手越は交友関係が広いだけあって、他事務所の幹部やメディア関係者とのパイプがありますからね。事務所側のホンネとしては、手越を手の内に抱えておきたいのです。手越が退社することで、“骨肉の争い”が起きかねないからです」

 かといって、手越の顔色をうかがって甘い処分をすれば、若いタレントにも、世間的にも示しがつかない。

 手越の処分をめぐってはNEWSのメンバーもラジオで謝罪した。今回の活動自粛が、これからどのような事態を引き起こすのか。予断を許さない状況が続きそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ