木村花さん急死に関係者から悲しみと怒りの声…長与千種、SNSでの誹謗中傷に「これは歴とした事件」

 フジテレビ系などで放送中の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演している女子プロレスラー、木村花さんが23日に急死したと所属団体、スターダムが発表した。22歳だった。死因など詳細は不明。木村さんは死去当日の午前3時頃、SNSに「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」と意味深長な文章やリストカットした画像を投稿。最近はネットで誹謗中傷を受けていた。関係者は悲しみに暮れ、25日深夜にフジで放送予定だった同番組は休止となった。

 関係者からも悲しみの声がSNSで相次いだ。

 ビッグダディこと林下清志氏の三女で同じ所属だった女子プロレスラー、林下詩美(21)は、木村さんがSNSで誹謗中傷を受けていたことに「沢山の心無い言葉を目にする本人の辛さは計り知れないし、真っ直ぐな人だから誰よりも言葉を重く受け止めちゃうんだよ」とつづった。

 女子プロレスのレジェンド、長与千種(54)もツイッターで連投し、「言っておく!! 悪役を演じただけ。本当の彼女は礼儀も優しさも兼ね備えた後輩でプロレスラーだったから」「これは歴とした事件です」(原文ママ)と怒りをにじませた。

 「テラスハウス」のメンバーで「社長」こと会社経営の新野俊幸さん(30)もツイッターで「ただただ悔しい」「俺が袋叩きにされた時、真っ先に心配してくれた花の優しさを絶対に忘れない」としのんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ