萩本欽一さんが「マヌケ」の極意を指南 コラムニスト・石原氏「究極の“大人力”が宿っている」

 失敗を恐れず、人生を面白がって楽しむための“欽言”が詰まった著書の数々でも知られるコメディアンの萩本欽一(78)。新著では「マヌケ」の極意を指南している。著書に関わったコラムニストの石原壮一郎氏(56)が衰えぬ欽ちゃんの魅力を寄稿した。

 今の日本や今の私たちに必要なのは、きっと「マヌケを許す心」です。他人のマヌケにも自分のマヌケにも、私たちは無駄に厳し過ぎるのではないでしょうか。

 欽ちゃんこと、萩本欽一さんは最新刊『マヌケのすすめ』(ダイヤモンド社)で近ごろのギスギスした社会を嘆きつつ、こう言います。

 「人間って、そんなにきちんとしてない。失敗もすれば怠けたいときもある。そういうのもひっくるめて『まあ、お互いたいしたもんじゃないから、できる範囲で真面目に頑張りましょう』っていう暗黙の了解があった」

 自分のマヌケを受け入れ、他人のマヌケを大目に見ることができたら、毎日はずいぶん楽になるはず。反射的に「そんなことじゃいけない!」と思う人もいそうですが、考えてみたら、とくに困ることはありません。

 光栄なことに、縁あってこの本を少しお手伝いしました。偉大なコメディアンである萩本欽一が語る「マヌケ論」「マヌケなコメディアン人生」「マヌケたちへの感謝」。面白いのはもちろん、目からうろこがボトボト落ちる内容でした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ