指原“スマホ管理”に称賛 これこそトップアイドルの仕事術!?

 元HKT48の指原莉乃の“スマートフォン管理”が完璧だと話題だ。

 指原は中国のIT企業、オッポの新スマホ「OPPO Reno A(リノ エー)」のCMキャラクターを務めている。8日に東京・渋谷で行われた同製品の発表会では、自分と同じ名前のAndroidスマホを宣伝することに「運命的なものを感じました」と喜んでいた。

 ツイッターには投稿者が使う端末やソフトウェアを確認する機能がある。投稿の最後に「Twitter for iPhone」とあればAppleのiPhoneからの投稿、「Twitter for Android」ならAndroidスマホからというわけだ。

 これによると指原は普段からiPhoneを使っているが、8日以降、OPPOの新製品に関する投稿は、OPPOと見られるAndroidスマホから送信しているようだった。その他の投稿ではiPhoneを使うこともあった。

 CMキャラクターを務める製品と、以前から持っている製品を使い分けていることについて「これが指原さんの意向なのか企業の意向なのかは分かりませんが私は素晴らしい気遣いだと思います」と称賛する声もあった。

 また、CMキャラクターなのにAndroidスマホだけを使わなくていいのか、などと指摘するユーザーもいたが、指原は自身がプロデュースするアイドルグループ、≠ME(ノットイコールミー)の新曲を紹介した後に「(新曲の)感想見ながらpubgも荒野もできるので2台持ちis神」と意に介さなかった。「pubg」と「荒野」はスマートフォン向けゲームアプリのこと。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ