遠藤雄弥が映画「辰巳」に主演「傑作になる可能性を確かに感じています」

 東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した「ケンとカズ」で知られる小路紘史監督がメガホンを取る「辰巳」に(来年公開)俳優、遠藤雄弥が主演することが10日、分かった。

 小路監督は「ケンとカズ」以来の2年ぶりとなる長編で、今作も自主制作。「自分の作る映画はエンターテインメントであり続けたいと考え、常にシンプルな構造を持ち、複雑なキャラクターが登場し、どんどん物語が動いていくストーリーづくりをしたい」とオーディションし、1500人の中からキャスト陣を選出。ヒロインは森田想、主人公の相棒役は佐藤五郎が演じる。

 遠藤が演じるのは、ヤクザ稼業で金を稼いでいる辰巳。不良少女の葵(森田)の家族が殺害される現場に遭遇し、葵を助ける。家族を殺され復讐(ふくしゅう)を誓う葵は、辰巳に助けを求めるが…。

 遠藤は映画やドラマ、舞台で活躍し、主演映画「それでも、僕は夢を見る」をはじめ、フジテレビ系「名もなき復讐者ZEGEN」や日本テレビ系「ボイス 110緊急指令室」などに出演。遠藤は「小路さんの映画作りに対する覚悟と思い。これに死ぬ気で応え、反映し、調和され少しずつ完成に近づいていく日々の現場は、とても豊かで貴重な時間が流れています。小路組全員の思いが作品に向かっています。そして、撮影の日々で、傑作になる可能性を確かに感じています」とアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ