スターの夢へ、40人喜びの涙 宝塚音楽学校で合格発表

 タカラジェンヌを養成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で28日、107期生の合格発表が行われ、競争率22・9倍の難関を突破した15~18歳の40人が、夢への第一歩を踏み出した。入学式は4月18日で、2年間かけて声楽やダンスなどを学んでデビューを目指す。

 今年は昨年より50人少ない915人が受験。午前10時に校舎前に合格者の受験番号が掲示されると、心待ちにしていた受験生や保護者から大きな歓声が上がった。合格者は涙を流して家族らと抱き合い喜んだ。

 初めての受験で合格した京都市の高校2年、松本朱(しゅ)李(り)さん(17)は「(番号を見つけたときは)夢じゃないかと思った。天海祐希さんのような舞台を楽しめるかっこいい男役を目指したい」と抱負を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ