NGT山口真帆、怒りの5連続ツイート!運営側会見に「嘘ばかり」

 NGT48の山口真帆(23)への暴行事件で運営会社のAKSは22日、新潟市内で会見し、第三者委員会による事件の調査結果を報告した。事件の契機になったとされる一部メンバーとファンとの私的なつながりなどをめぐり、運営側と見解が食い違った山口が猛反論。約3時間の会見を生配信で見ていたとみられ、ツイッターで「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」などと怒りのツイートを5連投した。

 山口がツイッターからリアルタイムで次々と運営側を告発する前代未聞の記者会見となった。

 この日、同社運営責任者兼取締役の松村匠氏、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、副支配人の岡田剛氏が午後1時半から会見。山口はメンバーが事件に関与したことを示唆していたが、運営側は第三者委員会による調査結果として「何らかの共謀をして関与した事実は認められなかった」と報告。一部メンバーとファンの私的交流があったと認定されたが、「今回は不問とします」と処分しない方針だ。20日にメンバー、21日に保護者に向け、調査結果を説明したという。

 会見を生配信で視聴していたとみられる山口は会見開始から約40分後、事件告発以来2カ月半ぶりにツイート。松村氏を名指しで『(ファンと)繋がっているメンバーを全員解雇する』と私と約束しました」と反論し、1月10日に自身が行った劇場公演での謝罪を「要求されました」と告発した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ