野村萬、フランスの芸術文化勲章「オフィシエ」を受章

 和泉流狂言師、野村萬(89)が、フランスの芸術文化勲章「オフィシエ」を受章し10日(日本時間11日)、パリ市内で行った能楽の公演後に授与式が行われた。

 フランスで能楽の普及に貢献したことが認められての受章。野村は3等級ある同勲章の上から2番目の「オフィシエ」を授与され、「きょうは子と孫3代で舞台をさせていただいた。身に余る勲章を頂戴し、感激で言葉もない」と喜んだ。

 ともに公演に出演した能楽観世流シテ方の梅若実(70)と浅見真州(77)は3番目の「シュバリエ」を受章。

 梅若は「この勲章のことは前から知っていて、受章の連絡は本当にうれしかった」と笑顔。浅見は「(受章が)最後ではなく第一歩。これからもっと良い舞台を見せていく」と力を込めた。

 能楽公演は、昨年の日仏友好160周年を記念して同地で開催中のイベント「ジャポニスム2018」の一環。この日は最終日で狂言「二人袴」と能「砧」を上演した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ