篠原涼子、人魚風の衣装に「出しゃばっちゃってすいません」

 女優、篠原涼子(45)が17日、東京都内で行われた主演映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督)の公開記念舞台あいさつに共演の西島秀俊(47)らと出席した。

 作家、東野圭吾氏の同名小説を映画化で2人はプールで溺れ、回復の見込みのない娘の奇跡を信じる夫婦を好演。

 きらめく人魚風の衣装で登壇した篠原は、「娘が人魚なのに、私が人魚になっちゃって。出しゃばっちゃってすいません。大丈夫ですかね?」と恐縮すると、拍手と女性客から「キレイ!!」の声に笑顔を見せた。

 しかし、娘役の稲垣来泉(くるみ、7)と息子役の斎藤汰鷹(たいよう、8)がサプライズで現れ“家族”がそろうと「撮影を思い出しちゃって…」と涙。気を取り直して「(衣装が)派手でごめんね」と子供たちにわび、会場を和ませた。

 その後、斎藤から家族の絵を贈られ「すごい上手に書けてる」とほほ笑むも、稲垣の「将来は篠原さんみたいにいつも楽しく笑っていて、お料理が上手なかわいい女優さんになりたい」の手紙に再び号泣。

 さらに稲垣から撮影中にダンスと歌で遊んだことを暴露された上に「やる?」と誘われ、「こんなに大勢の人の前で? この衣装で?」と目を丸くしながら“母娘”で楽しそうに歌い踊り、観客を喜ばせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ