平原綾香、羽田空港近くの児童たちとコラボ 「星つむぎの歌」を合唱

 歌手、平原綾香(34)が14日、東京・羽田空港国際線旅客ターミナルで行われたイルミネーション点灯式にスペシャルゲストとして出席した。

 今年の装飾テーマは「誰も見たことのない光2018-2019~LIVE GATE to 2020~」で、京都百山の孟宗竹約100本を約13万灯で照らすなど日本を玄関にふさわしい仕上がり。

 空港らしく「3、2、1、テイクオフ!」の掛け声で点灯した平原は、何度も羽田空港のイルミネーションを鑑賞しているといい、「ファンとして点灯式に参加できてうれしいです」と笑顔。

 ライブでは中国民謡「茉莉花(ジャスミン)」をはじめ、イルミネーションにぴったりな「CHRISTMAS LIST」「Happy Xmas」を披露。自身の代表曲「Jupiter」も心地よい美声で歌い上げた。

 さらに、羽田空港近くの羽田小学校の児童たちとコラボし、自身の「星つむぎの歌」を合唱。点灯式の招待客と、空港利用客を魅了した。

 この日のために練習を重ねてきた児童との共演に、平原は「同じ音のユニゾンで歌うのかと思ったら、ハーモニーと追っかけまでやってくれて天才!」と感心していた。

 点灯式イベントの模様は、12月31日午後4時から放送されるニッポン放送の特別番組内でオンエア予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ