「報ステ」VS「zero」女性キャスターで明暗!? ネット上で評判イマイチの有働アナ、徳永アナは好スタート

 今年3月でNHKを退職したフリーアナ、有働由美子(49)がキャスターを務める新生「news zero」(日本テレビ)。しかし鳴り物で始まった割には、ネット上の評判が芳しくない。視聴率もフリーアナの徳永有美(43)が新たにキャスターに就任した「報道ステーション」(テレビ朝日)の後塵を拝しているというから、どういうことだ。

 1日から有働アナがキャスターに就任した「zero」の初週(1~5日)の平均視聴率は8・7%(ビデオリサーチ調べから集計、関東地区)で、前週から1・3ポイント上昇している。

 初回となる1日(月曜日)は10・0%の2ケタ発進と好スタート。さらにゲストにタモリ(73)が出演した2日(火曜日)は初日を上回る10・4%を記録した。

 「しかし水曜日以降は7・9%、8・4%、6・6%。好調といえば好調ですが、平凡といえば平凡な数字です」とテレビ誌編集者。

 一方、徳永アナがキャスターに就任した「報ステ」の初週平均は11・0%と、前週10・6%からアップしているのだ。注目の女性キャスター対決は結果的には「報ステ」に軍配が上がった形だ。

 「報ステは報ステで、リニューアル前のキャスター同士の不仲が報じられるなど注目されていた。テレビ朝日に出戻りした徳永アナは、メーンを張っていた富川悠太アナの先輩にあたり、どのような関係性をみせるのかも関心が高かったということもある」と先のテレビ誌編集者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ