城田優、6年半ぶり歌手活動!10・24ミュージカルアルバム発売

 俳優、城田優(32)が10月24日に自身初のミュージカルアルバム「a singer」を発売することが10日、分かった。「エリザベート」「ロミオとジュリエット」など出演した代表作から、「グレイテスト・ショーマン」などミュージカル映画の名曲まで厳選した11曲を収録。このほどインタビューに応じ、「自分の表現者としての1つのジャンルを作品として残せた」と思い入れを語った。

 初のカバーアルバムで、2012年3月にリリースしたアルバム以来6年半ぶりにアーティスト活動を本格始動する城田。「ミュージカルは15年以上やってきて自分の役者としての核になる部分。1つの作品として残すことは大切なこと」と新たな試みに並々ならぬ決意を込めた。

 収録曲は自ら選んだ。純粋に自分が好きな曲や、観客からの評価が高かった曲、城田らしさ、アイデンティティーが表現できる曲などさまざまな視点から11曲をピックアップした。

 現在レコーディングまっただ中。人気ナンバー「闇が広がる」は世界的ミュージカルスター、ラミン・カリムルー(39)を迎えて切なくも力強いハーモニーを日本語で響かせ、ディズニー映画「アラジン」の劇中歌「ホール・ニュー・ワールド」をハリウッドで活躍する女優、すみれ(27)と壮大な世界観を存分にきかせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ