日テレ、NHK… 歌丸師匠の死去報道でさらけ出したマスコミの基礎教養の欠如

【芸能ニュース舞台裏】

桂歌丸さん

桂歌丸さん

 人気演芸番組「笑点」(日本テレビ系)で50年間レギュラーを務め、「歌さん」の愛称で親しまれた落語家、桂歌丸さん。81歳で、芸人人生に幕を閉じた。

 「普段、落語を報じることがないテレビ局って感じで事実誤認を平気で垂れ流していましたね」

 あきれ気味に一般紙演芸担当記者が指摘する。

 「『笑点』を放送している日テレのニュース原稿はひどかった。歌丸師匠が古典落語を掘り起こしたとして、三遊亭圓朝作品を紹介したんです。圓朝作品は、歌丸師匠が掘り起こす前からいろんな落語家がやっているんです。歌丸師匠が掘り起こしたのは『おすわどん』とかですよ。付け焼き刃なんですね、知識が」

 恥ずかしいのは民放だけではない。NHKもやらかしたという。

 「歌丸さんの師匠『4代目桂米丸』をアナウンスする際、『よんだいめ』と言いましたからね。やくざですよ、それじゃ。古典芸能の世界は『よだいめ』。不勉強というより、基礎教養の欠如ですね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ