大地真央が着物で兵庫・洲本市への思い出振り返る 宝塚時代は船に乗ってレッスン

 女優、大地真央(62)が6日、東京・渋谷キャストで行われた「DUAL LIFE FES by 島&都市デュアル」のトークショーに出席した。兵庫県の神戸市、芦屋市、淡路市、洲本市の4市をPRするイベントで、涼しげな着物で登場した大地は「私は洲本市生まれで小学生のときは海に泳ぎにいって真っ黒でした」と思い出を明かした。

 宝塚時代は洲本市から船に乗ってレッスンに通っていたといい、「神戸の元町や三宮の商店街を歩いて阪急電車に乗って、アップルパイを買って。おけいこよりそっちの方が楽しかったです」と青春時代を振り返った。

 また、明石海峡大橋を利用して家は洲本市で仕事は神戸市といった“DUAL LIFE”については「理想的だなと思います。その逆で週末は淡路島で過ごすスタイルもうらやましい」と語った。 

 この日のイベントには4市の市長が出席予定だったが、梅雨前線による大雨災害対策で全員が欠席。大地も「夫の両親が宝塚に住んでいる。高いところのマンションですが、気になります」と心配していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ