原始人がサッカー対決する粘土アニメの新作「アーリーマン」 「FIFA批判でもEU離脱の暗喩でもない」とニック・パーク監督

 クレイ(粘土)・アニメの大家で、世界中で愛されている「ウォレスとグルミット」「ひつじのショーン」シリーズを共同監督してきた英国人のニック・パーク監督(59)が、初めて単独で取り組んだ新作「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!」が6日に公開される。石器時代と青銅器時代の原始人たちがサッカー対決するという奇想天外なストーリー。8年かけて完成させた自信作についてニック監督は「素晴らしいアイデアの稲妻に打たれて突っ走った」と語る。

 サッカーのW杯ロシア大会開催に沸くいまの時期にぴったりな作品だ。主人公は先史時代を生きる15歳の少年ダグ。文明の栄えた青銅器時代の暴君ヌースに侵攻された石器時代のダグたち部族はサッカーチームを結成、故郷を取り戻すため特訓に励む。先史時代を舞台にしたのはなぜなのか。ニック監督は「クレイ・アニメに適した題材なんだ」と語る。

 「“泥臭さ”が粘土とまずマッチする。顔つきも喜劇的に作れるしね。原始人の冒険、という物語だけではつまらないので、イギリスらしさやオフビート(常識はずれ)感が出せるストーリーを考えていくなかで、原始人がボールを蹴っている姿を思い浮かべた。先史時代の弱者たちのスポ根系映画って今までないしね。それにサッカーはボールを蹴り合うために武器を置かないといけないという文明的なところも魅力だった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ