広瀬すず、ヒロインを演じるNHK朝ドラ「なつぞら」ロケに参加

 女優、広瀬すずが20歳の誕生日を迎えた19日、北海道・新得町の牧草地で、ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(朝ドラ100作目、来年4月スタート)のロケに参加した。

 スタッフから牧場をイメージしたバースデーケーキを贈られた広瀬。役柄に合わせた三つ編みのまま、「20歳最初の作品が『なつぞら』で、本当に幸せに思います。新しいスタートなので、皆さんの力をお借りしてプレッシャーに負けないで頑張ります」と感激の面持ちで誓った。

 物語は終戦直後の1946年、十勝の酪農家に引き取られた戦争孤児のヒロイン、なつ(広瀬)が、やがて草創期のアニメ業界でアニメの絵を描くアニメーターとして生き抜く姿を描くオリジナル。この日は高校の演劇部に所属するなつが、演劇コンクールを十勝全体で盛り上げるため、養母(松嶋菜々子)に相談するシーンなどが撮影された。

 広瀬は「こんなに広い世界で、自然に囲まれながら撮影できるのはなかなかない機会なので、伸び伸びとなつを演じたい」と宣言。今月8日の撮入から10日あまりたち、心身ともに北の大地にハマっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ