「女子アナも被害」証言 テレ朝の社内セクハラ問題

小川アナの報ステでの態度も話題に(写真:ロケットパンチ)

小川アナの報ステでの態度も話題に(写真:ロケットパンチ)

 財務次官によるセクハラ問題を機に、社内のセクハラ対策に乗り出す企業が増えているが、想像以上にひどい実態が報告されることも多いという。この企業もその一社なのだが、ちょっと事情が違う。福田淳一・前財務次官に被害を受けた女性社員が所属するテレビ朝日が、問題発覚後に行なった社内緊急調査のアンケートの結果、回答者のうち社外関係者からセクハラを受けた女性は34%、社外関係者からセクハラを受けたのは56%にものぼっていた。社内アンケートには、これまで燻っていた女性社員の怒りが一気に噴出した様子が見て取れる。

 福田前事務次官のセクハラ問題発覚直後に、いち早くそうした憤りを露わにしたのが、7年間にわたり『報道ステーション』のサブキャスターを務める小川彩佳アナウンサー(33)だったといわれる。

 彼女に“異変”が起きたのは、女性記者が被害者だったことをテレ朝が公表した直後の4月19日の放送中だった。問題を取り上げた後、次の話題に移行するタイミングで小川アナはすぐに原稿を読み始めず、小さくため息をつくと、眉間にしわを寄せて、首をかしげるような仕草を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ