ホリプロ出資ミュージカル「バンズ・ヴィジット」がトニー賞

 米演劇界の最高の栄誉である「第72回トニー賞」の授賞式が10日(日本時間11日)、ニューヨークで行われ、日本の大手芸能事務所、ホリプロが出資するミュージカル「バンズ・ヴィジット」が最優秀ミュージカル作品賞に輝いた。

 2007年のイスラエル映画「迷子の警察音楽隊」が原作で、イスラエルの田舎町に迷い込んだエジプトの音楽団員と、地元の人々の交流を描く物語。米女優、カトリーナ・レンク(43)が最優秀主演女優に輝くなど主要10部門を獲得した。

 授賞式に出席したホリプロの堀義貴社長(51)は「初めて参加したトニー賞で自分が舞台に上がるなんて、夢を見ているよう。近い将来、日本上演を実現させたい」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ