郷ひろみ、生涯ヤングマン宣言!「年齢を感じさせない最高のパフォーマンスを」

 歌手、郷ひろみ(62)が27日、神奈川・よこすか芸術劇場で全国ツアーの初日を迎えた。前日26日には、ともに新御三家として活躍し、16日に急性心不全で死去した故西城秀樹さん(享年63)の葬儀・告別式に参列。弔辞で歌い続けることを誓った郷は、ステージで“兄”の分まで力強く熱唱し「これからも年齢を感じさせない最高のパフォーマンスを届けたい」と“ヤングマン宣言”した。

 「秀樹の背中を見て、ずっと歌い続けていきたい」-。弔辞で約束した郷が、天に旅立った盟友に届けとばかりに歌声を響かせた。

 東京・青山葬儀所で営まれた葬儀・告別式から一夜明けたこの日、恒例の全国ツアー(34都市49公演)がスタート。開演前に報道陣から心境の変化を問われると「変わらないことはない」と複雑な胸中を吐露した。

 当初はリハーサルのため、25日の通夜のみ出席予定だったが、盟友とお別れするためにリハの時間をずらして参列。弔辞を終えるとすぐにリハに向かわなくてはならなかたっため、ファン1万人が故人の代表曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」の合唱で送った出棺には立ち会えなかった。

 それでも、斎場外の沿道も埋め尽くす人々の姿を目の当たりにし、「車の中で秀樹に代わって『ありがとう、ありがとう』と頭を下げました」。ファンの大切さを改めて実感した郷は「見てくれる人の気持ちをより大切に、一曲一曲歌っていきたい」と、この日、悲しみをこらえてステージに立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ