1万人がYMCA大合唱!野口五郎、号泣「ラブソングを天国で極めて」

 16日に急性心不全で死去した歌手、西城秀樹さん(享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれ、音楽関係者やファン1万人以上が参列した。故人とともに新御三家として活躍した歌手の野口五郎(62)、郷ひろみ(62)が涙ながらに弔辞を読み、“ラスト共演”。出棺前には大ヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を1万人で合唱し、「ヒデキ! ありがとう!」の大歓声で送り出した。

 音楽史に偉大な功績を残した秀樹さんに、盟友は愛にあふれた言葉を送り、1万人のファンは名曲の大合唱をささげた。

 「いまだに君の言葉を思い出して、泣いてばかりいる」-。最初に弔辞を読んだのは、新御三家の“長男”で大親友だった野口だ。自身に次いでデビューした秀樹さんを「特別な存在だった」と表現。独身時代、ゴルフに行く際は秀樹さんが送迎し、野口がおにぎりを用意していたといい、「夫婦か!」と笑い合った思い出に涙ぐんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ