郷ひろみ、最初で最後の“手紙”「秀樹の背中を見て歌い続けたい」

 16日に急性心不全で死去した歌手、西城秀樹さん(享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれ、音楽関係者やファン1万人以上が参列した。故人とともに新御三家として活躍した歌手の野口五郎(62)、郷ひろみ(62)が涙ながらに弔辞を読み、“ラスト共演”。

 「これが、僕から秀樹に送る最初で最後の手紙になります。弔辞」-。野口に続いて遺影の前に立った郷は、“手紙”を持たずに口を開いた。

 当初は27日に始まる全国ツアーのリハーサルのため、通夜のみ出席予定だったが、秀樹さんのために参列。手紙は2日前に書いたが、そらで読むことを選んだ。

 “三男”としてデビューした郷は「2人をライバルと思ったことは一度もなく、同志という思いでした」としみじみ。先に日本レコード大賞で金賞を受賞した“兄たち”を追いかけて頑張り、「人は努力すれば必ず(夢は)かなう、それを教えてくれたのは2人の存在です」と感謝した。

 最後に会ったのは2年前。週刊誌の対談で3人がそろったときで、「感謝の気持ちを持って歌い続けていこうって締めくくったにもかかわらず、秀樹は天国に行ってしまいました…」と涙ぐむ場面も。「これからも秀樹の背中を見て、ずっと歌い続けていきたい」と約束。最高のステージを秀樹さんに見せるため、すぐにリハに向かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ