西城秀樹さん通夜に新御三家が悲しみの集結 読経後にヒット曲メロディー

 16日に急性心不全で死去した歌手、西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さん(享年63)の通夜が25日、東京・青山葬儀所で営まれ、音楽関係者、ファン合わせて約4000人が弔問に訪れた。球場を模した祭壇の中央にはマイクスタンドが置かれ、まるで秀樹さんの“ラストステージ”のよう。故人と新御三家として人気を博した歌手の野口五郎(62)、郷ひろみ(62)は盟友の早すぎる死を悼んだ。

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」…誰もが知るメロディーが斎場に流れた。明るく朗らかでライブが大好きだった大スターのラストステージの幕開けだ。

 祭壇は、秀樹さんが1974年に日本人ソロ歌手初の球場単独公演を成功させた大阪球場の外野スタンドをイメージ。「一生青春」と書かれたスタンドの中央に愛用の白いマイクスタンドが立っている。その上には2001年に撮影され、喪主で妻の美紀さん(45)が選んだ縦1メートル80×横1メートル20大の遺影。赤いシャツ姿でほほえむ秀樹さんに弔問客は涙をこぼした。

 読経の後、代表曲「ブルースカイ ブルー」「ギャランドゥ」など22曲が流れ、赤やピンクのバラ、黄緑のスプレーマムなど1万7000本の花が彩る祭壇に埋め込まれた白いペンライトがキラキラと光る。まるでコンサートのような演出。まさに秀樹さんのラストステージだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ