西城秀樹さん追悼 盟友・ギタリスト、芳野藤丸が明かす秘話と秘蔵写真「ヘタなロックよりロック。ロック以上だった」

 16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さん。26日の葬儀・告別式では「新御三家」として活躍した歌手、野口五郎が弔辞を読むことが分かった。秀樹さんを悼む声は各界から相次いでいるが、歌謡曲の枠を超えたエンターテイナーとしての実力について語るのは、SHOGUNのギタリスト、芳野藤丸(67)だ。秀樹さんのバックを藤丸バンドとして務めるなど、盟友・秀樹さんのエピソードを秘蔵写真とともに夕刊フジに明かした。

 秀樹と最初に出会ったのは1974年。ロッド・スチュワート&フェイセズが来日して、その前座のジョー山中さんのバンドでギターを弾いていたら、それを秀樹が見ていた。その後に乃木坂で偶然会ったときに、「あそこで弾いていたよね? 僕のバンドでやってくれませんか?」って声をかけてくれて。バックで弾くようになりました。

 当時は“俺はロックしかやらない”と思っていたけど、それが『夜のヒットスタジオ』に出て振り付きでギターを弾くようになったり、さまざまなことを経験しました。秀樹はヘタなロックよりロックしていて、いやロック以上だなって。エンターテイナーとして素晴らしかった。日本人歌手のレベルを超えたスタジアム・ライブをやったり、そこでグランド・ファンク・レイルロードとかガンガンのロックを歌うんだけど、僕が勧めたものも多かった。秀樹もロックが大好きだったから。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ