真木よう子、“肉食女子”を告白「お肉は大好き」

 女優、真木よう子(35)が22日、東京・渋谷肉横町で行われた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、6月22日公開)のタイアップ企画である「焼肉ドラゴン」オープニング記念イベントに出席した。

 焼肉店を営む在日朝鮮人一家の波乱の人生を描いたヒューマンドラマ。真っ赤なエプロン姿で登場した真木は店の長女を演じており「お肉は大好き。ちょっと疲れたときやあした頑張るぞ、というときに食べています」と“肉食女子”を告白し、「家族の絆を奥深く描いたいい作品です」とPRした。

 イベントでは、キャストが演じた役柄のイメージを再現した創作料理が登場し真木のほか、次女役の井上真央(31)、三女役の桜庭ななみ(25)、新人俳優の大江晋平(18)が試食。自身の役柄をイメージした「フレッシュアボガドのさっぱりグリーンサラダ」について大江が「ふだんサラダ食べないしアボガドも苦手ですし…」とボヤくと姉役の井上は「野菜食べなさい!」と叱りつけて笑いを誘う一幕もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ