綾瀬はるか×脚本の森下佳子さん“黄金コンビ”2年ぶり復活!

 女優、綾瀬はるか(33)が7月スタートのTBS系主演ドラマ「義母と娘のブルース」(火曜後10・0)で義母役に初挑戦することが30日、分かった。同名4コマ漫画の実写化で、33歳のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性と結婚し、慣れない育児や家事に奮闘する10年を描く。

 綾瀬と脚本の森下佳子さん(47)は「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)や「MR.BRAIN」(09年)などTBS系人気ドラマでタッグを組んできた。今回は「わたしを離さないで」(16年)以来、2年ぶりの“黄金コンビ”復活で、綾瀬の魅力を知る人気脚本家がどう“料理”するかも注目だ。火曜午後10時の放送枠は「逃げるは恥だが役に立つ」(新垣結衣主演)などヒット作が多数あり、この夏は“義母”ブームが巻き起こる!?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ