カンヌで物議のドイツ映画「女は二度決断する」ヒロインの決断とは

 30代にして世界3大映画祭(ベルリン、カンヌ、ベネチア)の主要各賞を手中に収めたトルコ系ドイツ人、ファティン・アキン監督(44)の話題作「女は二度決断する」が日本でも公開された。テロで大切な家族を失ったヒロインの決断をめぐって、2017年のカンヌ映画祭で物議を醸した。アキン監督は、何を託したのか。

カンヌで物議

 ヒロインを演じたダイアン・クルーガーさんに、主演女優賞をもたらした第70回カンヌ国際映画祭だったが、クルーガーさんが演じた主人公カティヤが下す決断は、映画の祭典で賛否両論が渦巻いたのだ。

 アキン監督は「特に英国の映画評論家たちからの批判が厳しかった。僕のことを人種差別主義者レイシストだという声もあったが、それはまったくの見当違いだ」と残念そうな表情を浮かべる。

 《独ハンブルクで暮らすドイツ人のカティヤ(クルーガー)は、トルコ移民のヌーリ(ヌーマン・アチャル)と結婚。愛息をもうけ幸せな日々を送るが、爆弾テロにより夫と息子を同時に奪われてしまう。犯人の男女が捕まり裁判が始まったが、証拠が乏しい》

 ドイツでは、2000年から07年にかけて、外国人排斥を掲げるネオナチグループ「国家社会主義地下組織」(NSU)が、移民らを対象に銃や爆弾を使った連続テロ事件を引き起こしていた。捜査当局は10年以上も取り逃がしていたうえ、独メディアは組織と当局の癒着も報道した。

 映画はこの事件を下敷きにしている。移民問題を抱えるドイツで、トルコ系移民2世のアキン監督は、自らのルーツを意識した作品を作り続けてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ