竹内結子、変人度60%「“明るい人でなし”をテーマに演じました」

 女優、竹内結子(38)が16日、東京都内で行われた動画配信サービス、Huluの連続ドラマ「ミス・シャーロック」(27日配信スタート)の完成披露試写会に参加した。

 世界的名探偵、シャーロック・ホームズと相棒、ワトソンを日本人女性に置き換えた話題作。女版ホームズ役の竹内は「“明るい人でなし”をテーマに演じました」と自信。世界19カ国・地域で同日放送が決定しており「今更ながら、すごいプレッシャーを感じます」と武者震いした。

 壇上では変わり者のホームズにちなんで“変人度”を分析する心理テストも行われ、竹内は変人度60%。共演の伊藤蘭(63)と小澤征悦(43)は100%となり、苦笑いだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ