真木よう子が事務所独立後初の公の場…前向きの秘訣は「笑うこと」

 女優、真木よう子(35)が9日、東京都内で行われた「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、6月22日公開)完成披露試写会に出席した。

 真木は、昨年7月、クラウドファンディングで資金集めをしたことに批判が殺到し、11月には映画を撮影直前に降板。今年1月に事務所も退所し、一部で精神不安定で激やせしたと報じられて以来、今回が初の公の場となった。

 ゆったりしたチュニック風の衣装で登場した真木は“激やせ”の気配は感じさせず「今日は楽しんでいってください」と元気に挨拶。映画のテーマにちなんで「明日を前向きに生きる秘訣」を聞かれた真木は「笑うこと。不安とかいろんなことがあるけど考えてもしようがない。無理矢理でも笑ったら『ま、いっか』ってなりません?」とコメントをした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ