松本人志、たけし独立騒動前に「三又又三から借金を回収しておいて良かった」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(54)が8日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。「たけし軍団」のメンバーが、師匠でもあるビートたけし(71)に対するオフィス北野・森昌行社長(65)の“裏切り行為”について声明文を発表したことに引っかけ、「この事件が勃発する前に、三又又三から借金を回収しておいて良かった。これがちょっとでも遅れたら、完全に踏み倒された」と語った。

 松本は昨年2月の同番組で、写真週刊誌『FLASH』で報じられたオフィス北野所属のお笑い芸人、三又又三(50)との“絶縁”を認めた上で、「本当に(借金を)返さない。『FLASH』さん、まだ甘いですよ! (三又が)『そんなことないと言って逃げていった』ってありますけど、そんなことあるんですよ」と話していた。

 同誌によると自身のバーの経営に苦しむ三又が松本から運転資金の名目で借金したが、そのお金を放蕩(ほうとう)し、バーの家賃を滞納していたことから、大家から追い出され、そのことを知った松本が激怒し、絶縁に至ったと報じられていた。  

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ