石原さとみ、30代迎え「見られる」から「見せる」女優に

【ご用心!大厄の美女たち】 

 厄災がふりかかるとされる厄年。科学的な根拠は不確かだが、体の不調や仕事の変化などが現れることも多く、やっぱり気になるところ。今年、大厄を迎える1986年生まれの美女たちに焦点を当てる。初回は女優、石原さとみ(31)だ。

 米映画情報サイト「TC Candler」による「世界で最も美しい顔100人」に2013年から5年連続でランクインしているナチュラル・ビューティー。

 今年は1月期のドラマ「アンナチュラル」(TBS系)で解剖医を演じ、高視聴率をたたき出したかと思うと、2月からは4年ぶりとなる舞台「密やかな結晶」に出演。ドラマで見せる元気な役どころとは違う、知的な雰囲気を漂わせる大人の女性を演じる。

 CMも2017年には8社に出演。「コケティッシュな雰囲気は抜群です。タレント自身が持っているとされる“潜在視聴率”も10%近い。どんな女優でも微妙な写りのCMがあるものですが石原さんは、はずれがない。企業側の期待も大きい」と広告代理店関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ