サブちゃん号泣「大事な大好きなわが子が先に旅立ってしまった…」

 歌手、北島三郎(81)=本名・大野穣(みのる)=の次男で元ミュージシャンの大野誠さんが、東京・調布市の自宅で3日に遺体で発見されていたことが7日、分かった。この日夜、北島は愛する息子の通夜で喪主を務めた後に東京都内で会見し、「大事なわが子が先に旅立ってしまった…」と号泣した。

 名曲「まつり」などで日本を明るく盛り上げてきた北島三郎は、憔悴しきった表情で会見。「大事な、大好きな、かわいいわが子が先に旅立ってしまったという…、そんなつらさでございます」と次男を失った悲しみを吐露した。

 会見場には約60人の報道陣が集結。訃報は3日午後9時ごろ、長男で所属事務所社長・大野竜氏の電話で知った。当時の心境を「答えようがなかった」と告白。誠さんの遺体とは6日に対面し「眠っているような顔」の亡きがらにすがりついて号泣したという。最後に会ったのは今年正月の仕事始め。体調の異変は感じられず「俺には心配かけまいとする頑張り屋の子」と思いやった。

 誠さんとは食事をしながら音楽談議をすることもあった。「僕にはないセンスがあった」と才能を認めており、「もしテレパシーがあるなら、俺が困ったときは一節出るようなものを送ってくれよ」と天に呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ