女優でも大役!“モグラ女子”久松郁実、野島伸司作品でドラマ初主演

 モデルで女優、久松郁実(22)が6日スタートのフジテレビ系「KISSしたい睫毛(まつげ)」(火曜後11・30、全4話)でドラマ初主演を飾ることが28日、分かった。人気脚本家、野島伸司氏(54)が書き下ろしたラブストーリーに、恋する受付嬢役で登場。まつげをポイントにしたしぐさで、好きな男性にアピールするキュートな演技は必見だ。

 ファッションモデルとグラビアアイドルを両立する“モグラ女子”の代表格が、女優としてもトップを張る。

 「KISS-」は、“幸せをつかむために頑張る女の子へのエール”をテーマにしたラブストーリー。フジ系「ひとつ屋根の下」など数々の名作を手がけた野島氏が、20代女子のリアルな恋愛事情を描く10分ドラマだ。

 久松は、高収入のエリートにみそめられることを夢見ている大手外資系企業の受付嬢・由愛役。制作側から「かわいらしさ、天真爛漫さがピッタリ」と抜てきされ、「うれしかったのと同時に、今までにないくらいのプレッシャーも感じました」とドラマ初主演に武者震いする。

 キャスティングには野島氏も太鼓判。久松は「野島さんの作品は幼い頃からたくさん見ていた。撮影に入る前からとても楽しみでした」と大感激だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ