不倫騒動で大河降板の斉藤由貴“みそぎ”終了? テレビ出演解禁へ

 昨年8月に不倫騒動を起こし、大河ドラマ「西郷どん」(NHK)を降板した斉藤由貴(51)が4月放送のスペシャルドラマ「黒井戸殺し」(フジテレビ系)でテレビ出演を解禁することがわかった。

 「ドラマは、三谷幸喜さん脚本で、アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」を日本版にしたもので、主演は野村萬斎さんで、斉藤さんは野村さんの相棒の姉の役です。8日には「第60回ブルーリボン賞」で「三度目の殺人」で助演女優賞を受賞した斎藤さんですが、存在感のある演技には定評があるだけに、ちょっと早いですがみそぎ終了となったようです。

 みそぎ終了というと、あまり話題になっていませんが、ベッキーも4月スタートのドラマ「くの一忍法帖 蛍火」(BSジャパン)で主演を務めることがわかりました。初時代劇となりますが、ベッキーのくの一スタイルには話題が集まりそうです」(テレビ誌記者)

(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ