キスマイ北山、銀幕主演デビューで猫役に初挑戦「どういうこと?」

 Kis-My-Ft2の北山宏光(32)が来年公開の「トラさん」(筧昌也監督)で映画初主演を果たし、猫役に初挑戦することが8日、分かった。主人公の猫は酒とギャンブルにおぼれて人生を終えた漫画家の生まれ変わりというシュールな設定で「どういうこと?」と戸惑う北山だが、「通りかかったペットショップなどで猫の動きを研究しています」と張り切っている。

 ベビーフェースでファンのハートをわしづかみにする北山が、酒におぼれるダメ父でトラ柄の猫という“超難役”で銀幕デビューを果たす。

 本人にとって初の映画出演でもある「トラさん」は同名漫画が原作。シュールな世界観と家族愛をテーマにした心温まるストーリーが人気で、今回が初実写化となる。

 家庭を顧みず自堕落に過ごす売れない漫画家、高畑(北山)はギャンブルでもうけたある日、交通事故で死去。魂となった彼は、亡くなった人間の次の命が決まる関所で「猫として家族と過ごす」という審判を受け、残された妻と娘のもとに舞い戻るという内容だ。

 原作を読んだ北山は「トラさん(猫)や奥さん、子供の気持ちを考えると泣ける。けど、温かいお話で心がほっこりした」と共感。俳優としては昨年の舞台「あんちゃん」に主演するなど活躍中だが、今回は猫役と聞いて「どういうこと?」と驚いたようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ