真木よう子の独立、所属事務所が発表「方向性の相違」

 所属女優、真木よう子(35)が昨年12月23日に辞めていたと報じられた芸能事務所、フライングボックスが30日、公式サイトで今月中旬に真木との契約を満了したことを発表した。

 この日発売の「女性自身」でギャラなど待遇面が退社の原因と報じられたことに「事実に反する部分が多く大変困惑しております。誠心誠意マネージメント業務を行ってきた」と反論。真木と今後について協議の末、「方向性の相違」から契約満了に至ったと説明。「双方とも納得」した上と強調した。

 現在契約中の広告や出演予定の映画については引き続きマネジメントを担当する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ