テレビ朝日、相撲協会に謝罪 映像使用承認書類を偽造

 テレビ朝日は29日、日本相撲協会の許諾が必要な映像使用を巡り、情報番組「ワイド!スクランブル」の制作会社のスタッフが承認書類を偽造していたと発表した。テレ朝は同協会に謝罪し、報道局次長兼情報センター長と報道局情報センターチーフプロデューサーを減給1カ月の懲戒処分とした。また、篠塚浩取締役報道局長が報酬の5%を1カ月間自主返上すると発表した。

 テレ朝によると、スタッフは30代の男性アシスタントディレクター(AD)。17日の放送に向け、過去の承認書類をもとに、同協会の決裁印の日付や放送予定日などを改(かい)竄(ざん)して書類を偽造し、同協会の承認を得たように見せかけていたが、映像は結果的に使用されなかった。同協会からの問い合わせで発覚したが、同協会が不正を知った経緯についてテレ朝は明らかにしていない。ADは同協会の受付時間を過ぎていたため許諾が間に合わなかったと説明しているという。

 ADは10日の放送でもテレ朝側の担当者のサインを偽造したが、同協会への申請書類の提出を失念。許諾を得ないまま映像が放送されていた。同番組では昨年11、12月にも計3回、同協会の映像を許諾なく使用していたという。テレ朝は「事態を極めて深刻に受け止め、深くおわび申し上げる」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ