星野源、新曲「ドラえもん」は「恋」同様にタイトル先行で制作 曲名は藤子プロも許可

 歌手で俳優、星野源(36)が16日深夜、パーソナリティーを務めるニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」(火曜深夜1・0)に出演。新曲「ドラえもん」の制作裏話を語り、異色のタイトルについて藤子・F・不二雄プロから特別に許可をもらったことを明かした。

 星野はこのタイトルについて、タイアップのオファーをもらってから「映画ドラえもん のび太の宝島」の台本を読んですぐに決まったと明かし、「タイトルを思いついたときに、なんというかゾクゾクしまして。これはもうこのタイトルしかないのでは」と閃いたときの興奮を振り返った。先にタイトルを決めてから曲作りを始めるのは「恋」と同じだと明かし、「『恋』っていうタイトルヤバい! と思ってそこから曲を作り始めたんですけど、今回も『ドラえもん』ってタイトル絶対ヤバい! と思った」と語った。「知らない人がいないという言葉をタイトルにすることって、ものすごくおもしろいと思ったし、ものすごくワクワクしたんですよね、自分で」と補足した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ