出禁をかけてSKE熊崎と松村がケンカかるたで激突!

 8日深夜放送の「SKE48むすびのイチバン!」(東海テレビ)で、SKE48の熊崎晴香(20)と松村香織(27)が番組出禁をかけ、江戸時代から続く伝統的なかるた取り「ケンカかるた」で激突し、番組を盛り上げた。

 この日のロケには熊崎、松村のほか、SKE48の都築里佳(22)と水野愛理(15)、MCのお笑いコンビ・平成ノブシコブシが参加。三重県桑名市を訪問した。

 ケンカかるたのルールは、自分の座布団の下に札を入れるまでは横取りOK、お手つきは一発でアウト、5枚先取で勝ち-というもの。本来は漢詩が書かれたかるたを取り合うが、この日は「名古屋弁(ことば)かるた」で行われ、まず熊崎、都築、水野の3人が地元の小学生と“マジゲンカ”した。

 3年生と対戦した熊崎は相手の必死な姿勢に終始圧倒され、あえなく敗れてしまった。平成ノブシコブシ・吉村崇(37)は小学生の勝利になぜかガッツポーズ。熊崎は「どっちの味方ですか!」と困惑した。

 続く都築は6年生と激突した。都築が1枚取ると熊崎と水野は「ぴよす!」コールで応援。声援を背に互角の勝負を繰り広げた都築が最後の1枚をゲットし、ダブルピースで勝利を喜んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ