K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い

K-POPアイドルを追う過激ファンとは?(SHINee公式HPより)

K-POPアイドルを追う過激ファンとは?(SHINee公式HPより)

 韓国や日本だけでなく世界でも人気のK-POPグループ「SHINee」のジョンヒョンさん(27)が2017年12月18日に亡くなった。警察は、自殺と結論付けている。うつ病に苦しんでいたという報道もある中、友人のミュージシャンにより12月19日に公開されたジョンヒョンさんの遺書には「世の中とぶつかったり、世の中に知られて生きるのは辛かった」という趣旨が述べられていた。この内容から、世の中の注目を浴びるK-POPアイドルである自分と、本来の自分との間で苦しんでいたということは推測できる。

 この件は、韓国の芸能界には自殺者が多いことと併せて言及されることが多い。過去に自ら命を絶った韓国の芸能人にはキム・ジフン、チェ・ジンシル、パク・ヨンハなど、多数存在する。俳優や歌手、モデルにタレントなど様々だが、その中でもジョンヒョンさんの自殺については特に“K-POPアイドル”だからこその苦しみがあったのではないかと、K-POPに詳しい女性ライターは指摘する。

 「K-POPのファン文化は独特です。日本人の感覚からするとやり過ぎではないかと思うほど、アイドルに踏み込んでいく傾向があります。例えば“チクドク”と呼ばれる、アイドルの追っかけをして一眼レフなどで本格的な写真を撮るファンがいますが、彼女たちはアイドルの芸能活動についてまわり、コンサートや公開収録時の写真だけでなく移動中の私服写真も撮影し、どんどんネット上にアップします。

次ページ特に海外活動の多いアイドルは飛行機の搭乗前後も必ず彼女たち…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ