片岡鶴太郎、夫婦役経験ある浅野ゆう子の結婚に「私は去年離婚しています」

 タレントで画家、片岡鶴太郎(63)が11日、東京都内で行われた舞台「笑う巨塔」(東京グローブ座、3月29~4月8日)の製作発表会見に出席し、結婚を発表した女優、浅野ゆう子を祝福した。

 浅野と夫婦役で共演したことがある鶴太郎は報道陣から浅野の結婚を知らされると「え、本当?今まで報道に出たことがない方?」と逆質問し「そりゃ、よかったですね。何はともあれ、おめでとう。ちなみに私は去年離婚しています。一人の方がいいのにな、と思います」と自虐ギャグを交えて祝福した。

 同舞台は宅間孝行(47)作・演出・出演のシチュエーションコメディー。とびの親方役の鶴太郎は25年ぶりの舞台出演で、「25年前は絵を描き始めていて(舞台より)絵を選んだ。で、25年たったのでそろそろ遊びたいなと思っていたらオファーがあって。飲み友だちの宅間さんの舞台に出るなんて思わなかった」と笑顔を見せた。

 共演の元AKB48の女優、篠田麻里子(31)、かとうかず子(59)らも出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ