セクハラに黒の抗議 ナタリー・ポートマンら、ゴールデン・グローブ賞で訴え

 米アカデミー賞の行方を占う映画賞「第75回ゴールデン・グローブ賞」の発表・授賞式が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズで行われた。昨年10月にハリウッドなどで表面化したセクハラ問題の発覚後、初の大規模なセレモニー。出席者は黒の衣装で抗議の意を示し、イスラエル出身の女優、ナタリー・ポートマン(36)は「(映画界は)変わらなければならない」と訴えた。

 2012年から同賞のテーマ曲を手掛ける縁で参加したX JAPANのリーダー、YOSHIKIも趣旨に賛同。シャツからネクタイまで黒で統一し、レッドカーペットを歩いた。

 賞では、映画「スリー・ビルボード」(日本公開は2月1日)が作品賞など最多4部門を受賞。日本関連の候補作はなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ