紅白の平均視聴率、歴代ワースト3位39・4%…収録目立ちライブ感薄れ

 昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が2日、ビデオリサーチから発表され、関東地区で第2部が39・4%を記録した。前年の40・2%から0・8ポイント減り、2部制になった1989年以降で歴代ワースト3位に。9月に引退する歌手、安室奈美恵(40)の最後の紅白など目玉もあったが、2年ぶりに40%の大台を割った。

 安室の登場などで感動を呼んだ紅白だが、視聴率には現れなかった。

 第1部(午後7時15分~8時55分)が35・8%、第2部に(同9時~11時45分)が39・4%を記録。第1部は前年から0・7ポイントアップしたものの第2部は0・8ポイント減。2年ぶりに40%の大台を割り、2部制になった1989年以降では2015年の39・2%、04年の39・3%に次ぐワースト3位だった。年間視聴率では1位を獲得し、国民的音楽番組の面目は保った。

 昨年の紅白は、NHKの働き方改革の一環で出場歌手発表が例年より約2週間早まるなど、スケジュールに余裕を持って進められた。それでも4時間半の生放送で分刻みの過密スケジュールをこなすには入念な事前準備が必要。その影響からか、収録が目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ