たけし「アンビリ」で‘64東京五輪“メダルなきヒーロー”の秘話に迫る 

 ビートたけし(70)がストーリーテラーを務める「奇跡体験!アンビリバボー」。4日は、2020年東京五輪・パラリンピック開催まであと2年に迫るなか、「奇跡体験! アンビリバボー2018 新春3時間SP~東京オリンピック1964を陰で支えたメダルなき日本ヒーローたち~」(後7・0、フジテレビ系)を放送する。

 半世紀以上前、64年に開催されたアジア初となる東京五輪を成功させることはすなわち、世界に日本の戦後復興を知らしめることでもあった。開幕の2年前、日本人の意地とプライドを懸けた闘いが水面下で繰り広げられていた。華やかなビッグイベントの陰で渾身の力を振り絞って闘っていた“メダルなきヒーローたち”の姿を、放送20周年を迎えた「アンビリ・チーム」が丹念なドキュメント取材と貴重な実際の映像、当事者のインタビューなどを交えながら描く。

 そこでストーリーテラーを20年担当したたけしが、当時の思い出と2年後の東京五輪について独自の意見を口にした。

--まずは思い出をお願いします

「五輪前に環七(環状七号線)ができたけど、当時自宅が環七のところにあってね。親父が区議会議員に『お宅のところに環七が走るからお金が入る』と言われて、毎晩酒飲んで宴会騒ぎしていたら2メートル先に道路が通っちゃってね。ダンプカーが砂利を撒いて埃まみれで、洗濯物も干せなくて、毎日親父とお袋が喧嘩していたんだよ。土地が売れた人はおしゃれなレストランとか始めてお金持ちになっちゃって、こっちはひどい目にあったんだよね。いい思い出ないなあ(笑)」

--ご自身にとって五輪とは?

「国際的なイベントは、喜劇と悲劇が存在するものなんだよね。五輪の悲劇といえば、水泳の古橋廣之進。48年ロンドン五輪には出られなかったけど、日本水泳連盟が日本選手権をロンドン五輪の水泳競技決勝と同じ日に行い、古橋が世界記録を出した。でもいろいろといちゃもんをつけられて認められなかった。翌年の全米選手権で圧勝して世界新記録を樹立したけど、52年ヘルシンキ五輪ではすっかりピークを過ぎていて負けちゃうし。柔道の山下泰裕も80年のモスクワ五輪をボイコットしていなければ、金メダリストとして連勝できたはずなのになあ。五輪というのは悲喜劇が繰り広げられるよね」

--2年後の東京五輪で見たい競技はありますか?

「100メートルとか陸上競技が見たいな。ボルトのあと誰が出てくるのかな? ジャマイカ選手なのか、アメリカの選手なのか。やっぱり注目したいのはフィールド競技とトラック競技だね。五輪でゴルフは見たくないよなあ。マスターズあるし。サッカーもワールドカップがあるからなあ」

--五輪演出は、映画の山崎貴監督ら複数の専門家チームで手掛けるとのことですが…

「おれもずっとうわさがあったけど、誰もおれにコンタクトを取らないんだよね。宇宙船で入場とか見事な演出プランだったのになあ。座頭市の点火式、火薬でドーンとか過激な演出を言い過ぎちゃったかな。おれは危険でやらせてくれなかったのかな。残念な結果だったね。ボロクソに言う準備しておかなきゃ(笑)」

 番組では「国旗の準備に奔走した男たち」「高速道路開通に奔走した男たち」「五輪中継に懸けた男たち」を追う。スタジオには剛力彩芽、バナナマン(設楽統、日村勇紀)、新川優愛、坂下千里子がそろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ