【花組】トップスター・明日海りおが“永遠の美少年”役に集中 話題の公演「ポーの一族」

 宝塚歌劇団花組トップスター、明日海りおが主演する話題の公演「ポーの一族」が1日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で幕を開けた。漫画史上に残る萩尾望都氏(68)の名作を初めてミュージカル化。明日海は人のエナジー(血)を吸い、年をとらず永遠に生きるバンパネラの一族に加わった主人公エドガーを演じる。

 初日を前に、リハーサルを観劇した萩尾氏は、「頭も心臓もバクバクしています。作品から抜けてきたみたいで素晴らしかったです」。約30年前に舞台化を申し入れ“夢”がかなった劇団演出家の小池修一郎氏(62)は「当時の自分に素晴らしいキャストで上演できるよ、と伝えたい」と感謝していた。

 主演の明日海は「どれだけ情念を注げるか、世界観にどれだけ入り込めるかを大切にしています」。“永遠の美少年”役に集中している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ