欅坂46メンバーの「異変」を予言「週刊文春」「リテラ」

欅坂46のダンスに内村光良(中央上)が乱入。演技が終わったところでメンバーが一人倒れる(左奥)=31日午後、東京都渋谷区のNHKホール(撮影・長尾みなみ)

欅坂46のダンスに内村光良(中央上)が乱入。演技が終わったところでメンバーが一人倒れる(左奥)=31日午後、東京都渋谷区のNHKホール(撮影・長尾みなみ)

 12月31日に生放送されたNHKの「紅白歌合戦」に紅組で出演したアイドルグループ「欅(けやき)坂46」の平手友梨奈さん(16)、鈴本美愉さん(20)らメンバー3人が過呼吸の症状を訴えた問題で、ニュースサイト「リテラ」や「週刊文春」の記事が注目に値する記事を数回掲載している。「リテラ」は「欅坂46平手友梨奈はレコード大賞、紅白を乗り切れるか? 『不協和音』を歌うと体調悪化」などの見出しで12月30日、まるで大晦日の「変事」を予言するかのような記事を書いているのだ。

 「リテラ」の記事では、週刊文春12月7日号を紹介。欅坂が「風に吹かれても」でレコード大賞の優秀作品賞にノミネートされていることを挙げた上で、「元々は4月発売のシングル『不協和音』が選出される予定で審査も進んでいた。

 しかし、受賞曲を決定する審査会の数日前になって、欅坂46の所属レコード会社であるソニーミュージックから『不協和音』ではなく『風に吹かれても』を優秀作品賞に」と要望があったというのだ。

次ページ「不協和音」を歌うと体調が悪化するため…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ