NHK紅白 総合司会の内村光良さん「実は手が震えていた」

 「第68回NHK紅白歌合戦」の放送終了後、総合司会を務めた内村光良さん、白組司会の二宮和也さん、紅組司会の有村架純さんの3人が報道陣の取材に応じた。

 内村さんは当初、緊張で手が震えていたという。ただ、途中からだんだん楽しくなってきたといい、「(最後は)終わりたくないな…と思いました」と語った。自身の司会ぶりについては、「あまりかまなかったから、良かったね。2回くらいはかんだけど…」と苦笑いした。

 一方、3年ぶりの勝利を手にした白組の二宮さんは、「優勝旗、あんなに重いんだなぁと。重みを実感しました」としみじみ。

 2年連続の司会を務めた有村さんは、「安室(奈美恵)さんと桑田(佳祐)さんの歌を聴いていたら、いろいろな思いが蘇り、うるっときました」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ